リアル口座(子機)のチャートにAFSCを設置

事前準備

※ここまでのステップでパソコンには1つのMT4(デモ口座)が開いていますので、もう1つのMT4を開いてリアル口座でログインしてください。
2つのMT4が開かない場合は下記のマニュアルを参照してください。

1台のPCに複数のMT4をインストールする方法についてこちらではXMのMT4を1台のパソコンに複数個インストールする方法について解説します。 ①XMのサイトからMT4のインストールファイル...

※リアル口座のMT4にもAFSCをインストールする必要がありますので下記のサイトを参照しながらと同じように設定をお願いします。

デモ口座(親機)にAFSCを設置※AFSC(AFSコピーツール)を利用するには1つのパソコンに2つのMT4(デモ口座(親機)とリアル口座(子機))を設置する必要がありま...
MT4の設定MT4の設定 手順① デスクトップにインストールした「XMtradingMT4」のアイコンをクリックします。 ...

※下記はリアル口座のMT4にAFSCがインストールされた状態からの手順を記載していきます。

 

リアル口座(子機)のチャートにAFSCを設置

手順①
左上にある「ファイル」「新規チャート」から2つチャートを開きます。

手順②
通貨ペアは「GOLD」(Spot Metals)「USDJPY」(Forex 3)に設定します。
(通貨ペアの設定方法がわからない場合はこちらの<通貨ペアと時間足の設定について>を参照したり、「MT4 通貨ペア設定 」などでネット検索されてください。)
※マイクロ口座の場合はそれぞれの通貨ペアの語尾に「micro」(例:USDJPYmicro)が付随された通貨ペアをチャートに設置します。

手順③
「USDJPY」のチャートAFSCを設置します。

※「GOLD」のチャートは何も設置せず(gold版は設置しません。)、エントリーの履歴(矢印)を確認するのみです。確認不要の場合はGOLDのチャートは削除して構いません。

手順⑤
AFSCのパラメーターが開いたら「全般」タブにて<自動売買を許可する>チェックをいれます。

手順⑥
続けて、「パラメーターの入力」タブ<動作モード設定>項目子機(コピー先)に設定します。

手順⑦
チャンネル項目「1」に設定し、「OK」をクリックします。
※このチャンネル項目は他の数字でもいいですが、デモ口座(親機)と合わせる必要があります。

手順⑧
「ロットサイズ」・「決済合計損益」を設定します。

「[子機]コピー最小」・・・リアル口座(子機)でエントリーを開始するデモ口座(親機)のロットを入力します。
●1回目から参入する場合・・・「0.01」を入力
●2回目から参入する場合・・・「0.02」を入力
●3回目から参入する場合・・・「0.03」を入力
●4回目から参入する場合・・・「0.04」を入力
●5回目から参入する場合・・・「0.06」を入力
●6回目から参入する場合・・・「0.09」を入力
●7回目から参入する場合・・・「0.13」を入力
●8回目から参入する場合・・・「0.17」を入力
●9回目から参入する場合・・・「0.26」を入力
(9回目以降はこちらを参照)
※推奨設定※
通常相場・・・「0.04」(4回目)
荒れ相場・・・「0.26」(9回目)

「[子機]コピー最大」・・・リアル口座(子機)でエントリーを停止するデモ口座(親機)のロットを入力します。(運営側は設定していません。)

「[子機]ロット倍率」・・・リアル口座(子機)でエントリーするロット倍率を入力します。
※ロット倍率の式
ロット倍率=子機のロット÷0.01(親機のロット)

※子機のロットはgold版gold版(マイクロ口座)のマニュアルを参照します。


(例1)子機のロットが0.2(マイクロ口座の16万設定)の場合
0.2(子機のロット)÷0.01(親機のロット)=20.0(ロット倍率)なの「20.0」を入力します。

(例2)子機のロットが0.02(スタンダード口座の160万設定)の場合
0.02(子機のロット)÷0.01(親機のロット)=2.0(ロット倍率)なの「2.0」を入力します。

「[子機]損切金額」・・・リアル口座(子機)での損切り額を入力します。(80万設定なら80万円、8万設定なら8万で設定します。)

「[子機]利確金額」・・・リアル口座(子機)での利確金額を入力します。(基本的に設定不要です。慣れてきたら各自調整されてください。)

<設定例>

80万設定(1回目からエントリー)の場合

80万設定(4回目からエントリー)の場合

160万設定(1回目からエントリー)の場合

160万設定(4回目からエントリー)の場合

8万設定(マイクロ口座)(1回目からエントリー)の場合

8万設定(マイクロ口座)(4回目からエントリー)の場合

16万設定(マイクロ口座)(1回目からエントリー)の場合

16万設定(マイクロ口座)(4回目からエントリー)の場合

手順⑨
各項目の入力が終わったら「OK」をクリックし、デモ口座(親機)とリアル口座(子機)それぞれのMT4の「自動売買」ボタンをオンにしますます。

 

リアル口座(子機)のチャート設定は完了です!

次のステップでAFSCの上手な使い方を学びましょう!

 

次のステップ
➡AFSCの上手な使い方・・・準備中です