自動システム運用マニュアルⅣ(AFS-gold版専用Micro口座用)

こちらではAFS-gold版(ゴールド特化型)専用Micro口座を運用していくための解説をしていきます。
スタンダート口座(証拠金80万円以上)で運用される場合こちらのページのロット設定を参照してください。(Micro口座はロット単位が異なるので注意してください。)
スタンダード口座とMicro口座を同時に運用する場合こちらのページから2つのMT4を設置することで同時運用が可能です。

AFS-gold版について

AFS-gold版では金(ゴールド)を運用し、高利益(月利70%以上)を目指します。

高利回りを狙って運用するのでリスク管理も重要になります。

リスク管理について

AFSでは下記の2つのリスク管理を行います。

AFSの2つのリスク管理
①自動システム稼働オフ推奨日
②資金管理

自動システムのOFF推奨時間帯

自動システムはFXの知識がなくても稼げるのですが、より確実性を上げるために下記の時間帯では自動システムの稼働を停止することを検討して下さい。

①金曜の午後~月曜の午前中

週末のポジション持ち越しを防ぐため金曜の午後からは含み損が少なくなった来たタイミングでシステムオフ→全ポジション手動決済を行い、週明けの月曜の午後から再度システムを稼働させてください。
(金曜にチャートを見れない場合は木曜の夜からシステムオフのタイミングを伺ってください。)

自動システムを停止する手順

①MT4の「自動売買ボタン」をオフにする。

②ポジションを手動で決済(右側の✖ボタンをクリック)。

資金管理

①利益の移動

自動システムを稼働させていくと利益が発生して口座残高が増えていきますが、最初の運用資金を回収するまでは利益が出たらその都度出金(または別口座へ資金移動)して下さい。

<事例>
・元本10万円での運用の場合

①4,000円の利益が発生し、元本が104,000円になる。
②利益の4,000円は口座から出金して元本を100,000円にする。
③8,000円の利益が発生し、元本が108,000円になる。
④利益の8,000円は口座から出金して元本を100,000円にする。
⑤①~④を繰り返す

元本を回収することでメンタルが安定しますので、FX取引に慣れていない方は利益分をその都度出金することをオススメします。

②損切り設定につて

クレジット(ボーナス)の影響などで利益の移動が難しい場合は、システムのパラメーターにて「損切り額」設定ができますのでそちらで証拠金を管理されてください。

AFS-gold版の特徴について

ここからAFS-gold版について解説します。

AFS-gold版の特徴

①複数の時間足や過去のチャート足からテクニカル分析を行い、価格が上昇しそうなら買いポジションを、価格が下落しそうなら売りポジションを持ちます。(基本的には順張りのロジックになります。)

②リスクヘッジのために複数回に分けてポジションを持つことを前提としています。

③「買い」と「売り」はそれぞれ独自で判断するので両方のポジションを持つこともあります。

④片側のポジションで最大13のポジションを持ちます。

通貨ペアと時間足の設定について

<使用通貨ペア>
GOLD(ゴールド)

<使用時間足>
1時間足

※通貨ペアの表示方法について

①「気配値表示」で右クリック

②「通貨ペア」をクリック

③「Spot Metals」をクリック後、「GOLD」を選択

④「気配値表示」に「GOLD」が表示されたらチャートにドラッグもしくはダブルクリックでGOLDのチャートを表示させます。

 

 

証拠金別ロット設定について(Micro口座専用)

運用資金(証拠金)によって設定が異なりますので、下記の比率でロット設定を行って下さい。(損切り額は各自で設定可能です。)
※スタンダート口座(証拠金80万円以上)で運用される場合はこちらのページのロット設定を参照してください。(Micro口座はロット単位が異なるので注意してください。)

<AFS-gold版(Micro口座専用)>

証拠金ロット(Lots)
8000円0.01
8万円0.1
16万円0.2
32万円0.4

 

証拠金8,000円の場合

証拠金8万円の場合

 

証拠金16万の場合

 

証拠金32万の場合

証拠金8,000円・損切り8,000円の場合

 

ロットや損切り額変更時の注意点!!

上記のロットや損切り額の変更時は必ず自動システムをOFF&保有ポジションを全て手動で決済してから行って下さい。

自動システムが稼働中&保有ポジションありの状態で変更すると自動システムが誤作動を起こす可能性があります。

 

スタンダード口座とMicro口座を同時に運用する場合こちらのページから2つのMT4を設置することで同時運用が可能です。

その他ご不明な点がありましたらダイレクトチャットにてご連絡ください。